昭和の古き良き時代と今の大きな違いは、誰でもネットで自由に情報を得て店に行かなくても価格比較をしてモバイルで簡単に手に入れることはできるようになったことです。国境の壁もありません。

使わなくなったらいつでもオークションやネットショップで販売できます。

メーカーはリコールや製品事故の責任を負っていますが、事故が起きても出荷から時間が経つほどユーザーとの関係性は薄れ、その責任を果たせていません。

最新のモバイルテクノロジーでこのユーザー情報を把握することで、経営負担低減と新たな市場開拓が実現します。特にこれまでマンパワーに依存していた消費者対応のDX化が実現し、トラブル発生時の社員の負担が減るのです。下記のように実際にこのシステムでは、2年半のアクセス状況を確認できています。