COVID-19の影響もあり市場構造がすっかり変わりました。必要なものをモバイルで誰でも簡単にネットで注文、配達もあっという間です。以前のように仲卸や小売店での流通は人材も不足し感染対策による人の移動などの制限でこのスマート化の流れはますます全ての産業やシステムの自動化が進みます。買う側には便利ですが出荷後に不具合が発見されてもすでに消費者市場にて使用されて事故が多発、量の商品を扱う大手ほどその対応に苦慮しています。

米国でのバイオテロ法の元に「食品安全強制法」による食品テロ防止に向けた取り組みが進んでおり、例えば米国に食品を輸出するにはFDAの製造拠点のHACCAPはもちろん、テロ防止の対策が必要になり、FSMA 第103条が2025年には施行されます。この対応ができないとやはり輸出できなくなります。

  • 万一、大量に販売される「ペットボトルの水などに毒物混入」などがあった場合は製品で安全確認ができないと大変な惨事に!!
  • 長期使用される住宅用の機器なども多様化、住宅部品点検の日(毎年10月10日)でも多くの技術者がいないと点検ができず点検詐欺も発生しています。
  • 食品から産業機械まで、たった一つのQRコード「無料アプリscodt」でリコールや寿命などの点検が実現します。
  • 事業者と消費者、社会に大きなベネフィットをもたらす『安全点検アプリ scodt 』はサステナビリティを担保するためにこの協議会の賛助会員にて利用されています。
  • メーカーサイトに埋もれた取扱説明書・リコール情報などをお客様に探させるのではなく、本体パッケージのGS1QRで瞬時にモバイルで誰でも確認できるのはこのシステムだけです。(特許取得済み)