電動自転車、電動工具、モバイルなどのリチウム電池の充電中の発火は深夜の室内で起こります。

その結果は考えるまでもありません。安全と思われたものも使い方や使用環境、時に内部の部品などの故障で突然大きな事故の原因となります。住宅設備などもガス・石油・電気という異なったエネルギーで使われます。点検制度があっても点検するのは結局消費者自らになり、それに伴い点検詐欺も発生しています。

これまでグレーゾーンだった作業用機械や市販される部品なども「消費生活用製品の定義(経済産業省)」として消費生活法製品安全法にて、「通常有すべき安全性に欠けている(PL法)」にてリコールなどの対象になります。特に事故が再発する場合はより深刻で、厳しい行政指導の対象となります。

その結果、基本的には少なくとも事故の再発や未然防止が確認できるまで回収などの対応を行わねばなりません。電話番号、メールアドレスなどの個人情報に依存した方法ではスマート社会ではほぼ役に立ちません。

  • 住宅設備なども「所有者登録」「点検時期の通知」「設計寿命到来のお知らせ」「リコール対象品の通知と回収」などをスマート化させモバイルで行うことが必要です。
  • 膨大な厚みの取説を渡すことすら今の社会ではSDGsを達成できていないことを自ら証明してしまいます。これらもデジタル化し、コスト削減と今の時代に即した取り組みをこのscodtで今すぐ実行できます。

登録製品無制限で52,800円(税込み月額)から始められます!

詳しくは>>