Safety Check On-demand Technology(scodt)

専用モバイルアプリダウンロードはこちら

  • scodt(すこどっと)は国際標準GS1QRコード、グローバル社会の最新のB2Cサービスが実現!

  • 購入者などにはパッケージの専用QRコードで詳しい多言語対応トリセツによる商品情報を、購入後は修理点検・使用期間終了情報を、さらにリコールなどの情報も本体のQRコードで確認できます。

  • GS1QRなので次世代モバイルPOSなどとの連動など高効率・多機能化が実現します!

製品(商品)を実際に消費・使用する人(実使用者)が、購入時や中古品入手時、不具合時などに自分のスマートフォンなどで製品(商品)に表示しているscodt専用QRコードに、アクセスすることでその製品の安全性を即座に確認できます。

特に流通システムの国際標準機関GS1のGS1QRコードを利用する最新版世界初(国際特許/GS1、国内webサイト、モバイルアプリなどでの調査)の無料配布モバイルアプリ(2016年4月22日JTDNA製品安全シンポジウムで公開)では、世界標準体系の中での2次元シンボルのGTINがISOルールのAIにより組み込まれ、一つのQRコードで「製品安全の取り組み」と「モバイル用POSなどの決済システムへの利用拡大」が実現します。

取次・取扱代理店募集中(詳しくはこちら)

ロット管理もできます!

継続販売するものは、お預かりしている取説データの日付刻印の更新手続きをすることで、年単位のロット管理ができ、リコールや修理点検、使用期間終了などの通知や表示が全自動で実施することができます。(頻繁に更新する場合も対応します)

サービスの内容と効果

  • 商品説明を多言語取扱説明書に対応することで、店舗などでの対応負担軽減
  • 販売後のクレームの大幅低減
  • 特に長期使用製品では製品同梱の説明書紛失によるトラブルを軽減
  • リコールや適正な使用期限が到来した時に、本体の専用QRコードでユーザーは即座にその確認と対応方法を能動的に通知
  • 購入者だけでなく様々なユーザー履歴が自動認識(2016年3月末リリース予定)で登録され、ユーザートレースが確実に行える
  • 長期に亘る取扱説明書の保管、管理などの負担軽減
  • 自社のモバイルアプリに組み込み可能(会員のアウトバウンドを抑止した詳しい商品情報を提供)
  • GS1QRコードを利用しているので、今後、大手流通小売事業者がモバイルによるPOS導入や店内顧客自身が製品に印字されたGS1QRコードを利用し買い物決済を行うなど、世界標準体系でのシステム展開が可能
  • 汎用QRコードを利用する場合とGS1QRコードを利用した専用アプリの選択が可能

こんな商品に最適!

  • 組立式家具など組み立て方や解体が生じるもの
  • 長期使用で事故やトラブルの発生しやすいもの
  • 事故リスクは低いが寿命到来前の「買い替えご案内」をしたい
  • 消耗品交換やメンテナンスのお知らせを必要とするもの
  • 重大事故リスクの高いもの
  • 宝飾品など、取説は不要だがお手入れなど説明をある程度必要なもの

※食品などは別途ご相談になります。

開発経緯(目的)

当社では、PL対策を専門として、平成14年から、輸入事業者や小売事業者の品質管理やアフターサービスの方法として具体的な取り組みを支援するための技術的及びデザインコンサル、さらに制作からデータ管理までを行うシステム、体制整備などを行ってきました。2013年よりJANコードを所管する一般財団法人流通システム開発センター国際部と連携し、次世代QRコードである「GS1QRコード」を実用化を視野に入れた、モバイルコンテンツによる商品の安全情報等(リコール対策も含む)を開発、2014年2月に国内特許、また2015年2月に国際特許申請を行いました。最終的には法整備などを組み込んだ国際標準化を目指して、多くの団体、企業などと連携し実用化を進めています。
この取組みにより、従来のリコール対策としての新聞社告などの費用対効果を高め、最終的には実使用者を特定し、回収の向上および作業負担を一気に低減、中古市場のユーザー把握も可能になります。

お気軽にお問い合わせください。03-6909-6618受付時間 10:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]