当社では、scodtの販売については代理店政策を主にしています。
代理店は当社と所定の契約を締結し、代理店指名権を得ることで、サービスを利用したい事業者と当社の契約を仲介します。
仲介のレベルと代理店手数料などを下記の3段階にわけています。

代理店種別 代理店契約金(税別) 手数料率(売上げより)について

代理店種別 代理店契約金(税別) 手数料率(売上げより)
1次代理店 600万円 30〜40%
2次代理店 300万円 20〜30%
取次代理店 50万円 15〜20%

※上記記載金額、手数料率などは、今後の募集状況などを鑑み代理店単位に調整いたします。

代理店種別について

1次代理店(法人契約のみ)

当社の販売組織の最上位として、システムの運用(User Interface)などを通し、大手契約先のサポート、自店もしくは当社より募集・委託した2次代理店、取次代理店を傘下に配置し、その管理や教育指導などを行ない、主要地域を総括管理していただきます。

2次代理店(法人契約のみ)

1次代理店もしくは当社直轄で、契約受注を行ないます。大口契約を受注、若しくは多数契約を受注した場合は、1次代理店もしくは当社とそのサポートを行ないます。

取次代理店(法人及び個人契約)

主たる業務は、申込書の取次など、募集取次だけを行ないます。上記代理店若しくは当社直轄で営業活動を行っていただきます。

 


収益のシミュレーション

食品を多く扱う取次代理店の場合
収益の根拠(表示金額に消費税は含まれていません)
当社のscodtはJANコード単位で単価を設定しています。
現在の単価は@30,000円
例えば、初年度、毎月一社、10アイテム登録取次すると3,600,000円が基礎数字になり、その20% 720,000円が初年度の収入になります。

scodtは、JANコード単位で登録します!
同じ食品でも、1個単品売りから複数を小箱に詰めて売る、他の物を組み合わせてセットにするなど、案外商品数が多くなります。パッケージや商品構成を帰る、PB商品など、メーカーでは規模が小さくても多く扱う事が有ります。
それらの全てではなくても、はじめは試験的に年間で10アイテム、そういう会社を10社程見つけていく、もしくは知り合いの会社や採用した会社から紹介して頂くなどで、年間扱い数が増えていきます。知っている会社の採用が決まったり、成果があがるとそれらも相乗的に効果を発揮します。

ロット単位で登録して頂きます!
最長でも一年単位で更新登録が発生します。試験販売でそのまま終了する事もできますが、通常は3年程度の市場動向を観察する必要もあります。
古くなったものなどの廉価処分、時に発生するリコール対応など、ロット管理は大変重要で、これらの機能が付加出来るGS1標準のコード体系のB2C2次元シンボルでは、現在scodtでしか実現していません。

新規登録と継続登録で年々、安定した基礎数字が獲得できます!

生ものなどにはこのサービスは適しませんが、数年の保存の出来る物などでは、ロット管理をするために継続登録の可能性が高くなります。
前記の様に新規登録を120件募集したものは、翌年、仮に継続率80%とすると、96件が再登録となり、継続登録費用@15,000円(現行では初回登録費用の50%)で年間基礎数字が1,440,000円で、その20% 288,000円が新規募集手数料に加算されます。
即ち、翌年手数料合計は、新規登録手数料720,000+288,000円=1,008,000円となり、新規募集を継続募集していけば、年数とともに安定した収益の基礎数字を構築できます。

 

お問い合わせ、事業の詳細は:

TDNインターナショナル株式会社
http://tdn-japan.com

お気軽にお問い合わせください。03-6909-6618受付時間 10:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]